ブログをHTTPS化した


AWS

ブログを HTTPS 化しました。これまでは、GitHub Pages にカスタムドメインを設定していました。
GitHub Pages ではカスタムドメインの HTTPS 化ができません。

今回は、GitHub Pages の前に CloudFront + ACM をおいて HTTPS 化しました。

やったこと

CloudFlare を使わなかった理由

GitHub Pages の HTTPS 化で検索すると、真っ先に CloudFlare を利用した設定方法がヒットします。
ですが、ドメインを Route53 で管理している・すでに ACM の設定をしているということもあり、AWS サービス(CloudFront)で完結したかったため、CloudFlare は採用しませんでした。

つまずいたこと

CloudFront に設定できる ACM にはリージョン制限がある

CloudFront への ACM 設定を行うには、ACM がリージョンがバージニア北部(us-east-1)のものでないといけません。
以前に、先に ACM の登録を東京リージョンで登録していたため、ここでかなりの時間を費やしました。

config.toml の baseurl が http のままだった

なぜか css ファイルが読み込めないなと思っていたら、config.toml に設定している baseurlが http のままでした。